マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

消費税10%まで1年 住宅購入、リフォームの最適タイミングは?

2018年10月17日 16:00

増税前に「駆け込み購入」すべきか否か(イメージ)

 延期に次ぐ延期を重ねてきた10%への消費増税まで、いよいよあと1年を切った。2019年10月の増税前に大きな買い物を済ませるのが得策に思えるが、必ずしもそうではない。

 これまで消費税は3%から5%、5%から8%に引き上げられ、いずれも増税前には「駆け込み需要」が高まった。ただ、冷静に見ていくと、むしろ増税後に購入したほうが得だったケースも少なくない。節約アドバイザーの丸山晴美氏が振り返る。

「1997年に消費税が5%に増税される際、私の周りでもマイホームを駆け込みで買った方が多かった。しかし、その後に買い控えが起きて不動産価格が一気に下がった。私は1999年にマンションを購入しましたが、価格は高かった頃の3分の1以下で、増税前に焦って買うよりも断然安かった」

 増税前に駆け込みで購入するものとして真っ先に思い浮かぶのが、金額が大きい住宅だろう。だが、住宅ジャーナリストの山下和之氏も丸山氏と同様に注意を促す。

「よくあるのが“中古物件も急いで買ったほうがいい”という勘違いです。消費税の納税義務があるのは事業者だけで、所有者が不動産業者ではなく個人の中古物件に消費税はかからないので急ぐ必要はない。

 不動産業者が販売する物件についても、増税後の反動減を見越して、前回の増税時同様、『住宅ローン減税の延長・拡充』や『すまい給付金』といった支援策が今年12月頃には出揃ってくるはず。それらの支援策を見たうえで増税前に買ったほうがいいのかを判断しても遅くはない。何より、前回の増税前は駆け込み需要が殺到する売り手市場でしたが、増税後は買い手市場に一変した。本当に買いたい物件でないものを焦って買うのは本末転倒です」

「不動産」関連記事

【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。