マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国「独身の日」大セール アリババが規模拡大に踏み切る背景

2018年10月24日 7:00

昨年、上海で開かれたアリババ「独身の日」のセールスイベントの様子(写真:時事通信フォト)

 今年も間もなく、11月11日がやってくる。中国企業・アリババが2009年、「独身の日」と銘打ってB2Cの総合ECサイトである天猫(T mall)で始めた1日限りの大セールが、今や、国民的な行事として中国の小売業界全体に浸透している。

 アメリカの経済雑誌『フォーブス』によれば、その日1日だけの中国全体におけるEC取引額で、アメリカ、日本、イギリス、ドイツを除くあらゆる国における年間EC取引額を超えるという。

 天猫(T mall)における2009年当時の「独身の日」取引額は5200万元(8億3200万円相当、1元=16円で計算、以下同様)に過ぎなかったが、2017年には1682億元(2兆6912億円相当)にまで膨れ上がっている。

 2009年に参加したブランドは27であったが、今年はファッションアパレル、スマホ、家電、自動車、化粧品、食品、ベビー用品、書籍などで合計18万のブランドが参加する見込みである。消費者にとって、優待、値引きは魅力的だ。天猫だけで100億元(1600億円相当)の優待、値引きが受けられるそうだ。

 今年の「独身の日」の最大の見どころは、アリババのほぼすべての業態が全面的に参加するといった点である。

 アリババと言えば、淘宝(C2C)、天猫(B2C)といった総合ECサイトが目立っているが、そのほかにも様々な業態の事業を立ち上げている。例えば、農村向け、高級品、卸売規模の小売りといったECサイトを自ら運営しており、O2O(on-line to off-line)タイプのコンビニ、O2Oタイプのスーパー、無人コンビニ事業などにも参入している。さらに、生鮮、主婦向け、化粧品、ブランド・ファッションなどに特化したEC事業に投資を行っている。

 オフライン(実店舗)事業への投資にも積極的である。聯華スーパー、銀泰商業、新華都、三江購物、居然之家、蘇寧雲商から、オンライン出前代行サービスの餓了麼まで、多彩な消費関連事業に投資している。

 小売り事業、レストラン(出前)、家具販売に加え、動画配信、音楽配信も、「独身の日」セールに参加する。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。