マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

ひとり老後に必要な資金は「最低2500万円」、どう用意するか

2018年12月5日 15:00 女性セブン

パート主婦は「つみたてNISA」の活用を

 この予算を踏まえて、今からできることは何か。

「健康維持と、できるだけ長く働く覚悟を持つことです。70才までは働き、その後もできれば月4万~5万円の赤字は労働収入で補填します。健康で働ける時間を長くして、貯蓄を取り崩す期間をできるだけ減らすのです」

 加えて、元手を増やす投資も選択肢に入れたい。これは男性だけでなく、女性でも実践可能だ。

「例えば、現在夫の扶養に入っているパート主婦なら、『つみたてNISA』で月3万3000円を毎月20年間積み立てていきます」

 そうすると、元本が減るリスクはあるものの、仮に利回り3%で運用できたら約1000万円になることも。「つみたてNISA」の加入には年齢制限がないので、55才から始めても75才まで続けられ、必要な時に取り崩せる。

 夫の扶養に入らず自力で稼いでいる人は、55才前であれば、60才まで積み立てられる「iDeCo」(個人型確定拠出年金)に加入して限度額いっぱいに積み立て、さらに余裕があれば「つみたてNISA」も活用するのがおすすめだという。あらゆる手段を駆使しながら、老後資金を用意したい。

※女性セブン2018年12月13日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。