マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

年金75歳支給開始で「100歳までの年金」はこんなに減る

2018年12月26日 16:00 週刊ポスト

100歳までの年金受給額はこんなに減らされる(1943年生まれ~1954年生まれ)
100歳までの年金受給額はこんなに減らされる(1943年生まれ~1954年生まれ)
100歳までの年金受給額はこんなに減らされる(1955年生まれ~1979年生まれ)
100歳までの年金受給額はこんなに減らされる(1955年生まれ~1979年生まれ)

 人生100年時代を迎え、政府は年金の75歳支給開始に向けて議論をスタートさせている。年金制度がどう変わるかを見ていこう。

 厚労省の標準モデル年金に近い月額16万円(年額192万円。夫1人の金額)を受給するケースでは、現行の65歳支給のままであれば、100歳まで生きて35年間受給すると、計算上の生涯年金総額は約6720万円になる。しかし、それは“夢の夢”の金額だ。

 別掲の表は、年金支給開始年齢が現在の65歳から70歳、さらに75歳に引き上げられていけば、生涯年金がどのくらい減らされ、いくらもらえるのかを現在の年齢ごとに試算した年金受給総額の「一発早見表」だ。1943年生まれから1979年生まれまでの額を記した。

 表は現在65歳以上の「年金受給世代」と64歳未満の「これから受給する世代」の2つの区分に大別される。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。