マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

平成30年進学校の歴史 東大合格者数が増えた東京近郊の学校は?

2019年1月11日 16:00

受験シーズンはもうすぐやってくる(イメージ)

受験シーズンはもうすぐやってくる(イメージ)

 平成という時代もまもなく終りを迎えます。どんな業界でも30年も経てば、勢力図が変わるのは当たり前。東京近郊の進学校の勢力図はどのように変わったのでしょうか? 受験雑誌への寄稿も多い教育系のフリーライター(40代・男性)が見た、最新の勢力図を紹介します。

 * * *
 高校の進学実績を測る上で1つの指針となる東京大学の合格者数で言うと、平成の30年間で、勢力図はあまり変わっていません。何しろ、平成元年から昨年(2018年)まで、平成の1位はすべて開成(東京)ですし、そのほか、灘(兵庫)、筑波大付属駒場(東京)、麻布(東京)は、ベスト10から一度も漏れたことがありません。このほか、学芸大付属(東京)、栄光学園(神奈川)、桜蔭(東京)、駒場東邦(東京)、海城(東京)、聖光学院(神奈川)なども、確実に上位に入ってきます。

 そんな中でも、平成に入って東大合格者数を一番伸ばしたのは渋谷教育学園幕張(千葉)です。“渋幕”は1983年に開校した歴史の浅い学校ですが、1990年代後半に頭角を現すと、2002年に県内トップに上り詰め、2012年以降は毎年全国ベスト10に入る超進学校へと成長しました。姉妹校の渋谷教育学園渋谷中学校(渋渋)も、平成初期に共学化して以降、一気に頭角を現し、毎年20~30人を東大に送り込む都内屈指の進学校になっています。

 このほか、平成の30年間で東大合格者数を大きく増やした学校には、豊島岡女子(東京)、市川(千葉)、開智(埼玉)、栄東(埼玉)などがあります。豊島岡女子は、平成初期の東大合格者数は数えるほどでしたが、今世紀に入ってグングンと合格者数が伸び、桜蔭に次ぐ“女子ナンバー2”の座をガッチリキープしています。市川は歴史のある男子校の進学校ですが、2006年の共学化以降に進学実績が急成長。また、埼玉の開智と栄東は、ともに開校40年前後という比較的新しい学校ですが、平成後期に一気に進学校へと成長しました。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。