マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

朝からちょっと贅沢に 朝食ミーティング向きの都内高級ホテル3選

2019年1月14日 7:00

朝の時間を有意義に(イメージ。写真:アフロ)

「朝活」という言葉がブームになっている。朝の時間を上手く活用すれば1日が有意義なものになるということで、出勤前の時間にミーティングなどをする人が増えているのだ。代々、有名ホテルを経営している家に生まれ、小さい頃から多くのホテルを見てきた女子大生コラムニスト・小林千花氏が、「朝食ミーティング」に向いている高級ホテルをリポートする。

 * * *
「朝食ミーティング」や「パワーブレックファスト」。朝食を食べながら行うミーティングや会議のことだ。アメリカでビジネスパーソンを中心に流行している“朝活”の一つで、最近は日本でもじわりと広がっている。

 朝は時間が限られているため、会話にメリハリがつくのが「朝食ミーティング」の魅力といえるだろう。頭が冴えている朝は積極的になれて、新しいアイデアが浮かぶというビジネスパーソンも少なくない。

 今回は、そんな朝食ミーティングで一度は使ってみてほしいホテルを3つ紹介したい。

 まずは「アンダーズ東京」。ハイアットホテルアンドリゾーツが手がける、虎ノ門ヒルズ(東京・港区)の47~52階にあるラグジュアリーホテルだ。

 ホテルのロビー階と同じ51階にあるメインダイニング「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」での朝食はビュッフェ形式。時間は6時30分~11時(最終入店は10時30分)。

 和洋中合わせて約40種類ほどの料理がブッフェ台に並んでいた。料理が映えるように、お皿は有田焼や益子焼、美濃焼などの様々な種類の和食器が用意されている。食材に合わせてお皿を選べるこだわりぶり。

 特に充実していると感じたのが和食だ。肉じゃがや煮物、鱈の西京焼きをはじめ玄米・白米のほか味噌汁、明太子やいくらも用意されていた。どれも一口食べるだけで上質な素材を使っていることがわかる。

 税・サービス料込みで4968円と少々値段は張るが、大事な仕事を進めるためのパワーブレックファストだったらぜひ訪れていただきたい場所だ。

 つづいて大手町タワー(東京・千代田区)の33~38階に入る「アマン東京」。東南アジアを中心に世界的に展開するアマンリゾーツが運営するラグジュアリーホテルだ。

 1階に作られた自然の森を模した空間「大手町の森」に包まれた別棟にある「ザ・カフェ by アマン」での朝食は平日限定で、7~10時に利用できる。見渡す限り緑で覆われているガラス張りの店内。中央のカウンターには、焼きたてのクロワッサンやデニッシュ、ブリオッシュなどのペストリーに、キッシュ、フルーツジュース、ヨーグルト、サンドイッチなどが並んでいる。

 私が注文したのは、スモークサーモンのサンドウィッチ(税・サ込931円)とカフェオレ(同621円)。メニューはすべてアラカルトで用意されているのと、数百円からという手軽な値段なので、日常使いできるのが嬉しい。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

仮想通貨で1日3億円稼ぐKAZMAXがFXに注目する理由
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。