マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

増税前の駆け込みリフォームは本当にお得? 補助金利用がメリット大

2019年1月10日 7:00

増税前後の住宅リフォームの最適タイミングは?
増税前後の住宅リフォームの最適タイミングは?

 今年10月に消費税が10%に引き上げられるが、老後マネーを守るための重要なポイントが「生活のダウンサイジング」だろう。子供たちが巣立って久しく、広い家に夫婦2人。居間と寝室くらいしか使わないが、老朽化して部屋数が多いと補修費や光熱費もバカにならない。そんな時、リフォームか住み替えかの選択がある。いずれも消費増税の影響を受ける。

 まずリフォーム工事費で注意が必要なのは、増税前に契約しても完成(引き渡し)が10月以降になれば消費税10%がかかることだ。ただし、増税半年前の「3月末」までに契約をしていれば、完成が10月以降でも8%の税率が適用される経過措置がある。そのため、前回の増税時には半年以上前から駆け込みの工事申し込みが殺到した。だが、住宅ジャーナリストの山下和之氏は、「すぐ決めようと焦る必要はない」と指摘する。

「住宅メーカーやリフォーム業者に聞いても、現在は駆け込みでの相談件数はあまり増えていないといいます。

 特にリフォームの場合、業者の選定は慎重に行なう必要があります。値段設定や作業の質が、業者によって違いが大きいからです。金額も新築工事ほど大きくありませんから、税金が上がる前に急いで決めるより、じっくりと検討したほうがいいでしょう」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。