マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

相続争いの75%が遺産5000万円以下 紛争避けるには財産目録の作成を

2019年1月16日 7:00

日頃の情報共有が大切

日頃の情報共有が大切

「死んだ後のこと、今から話しておこうか」──高齢の両親に、そう切り出すことのハードルは思いの外高い。「縁起でもない……」「早く死ねって言うのか!?」そんな反応が返ってくるかもしれない。

「終活」や「断捨離」という言葉が広まっても、死後の準備にどこか後ろ向きな気持ちを抱く人は多い。だが遺される側に立ってみれば、いざ亡くなったときの負担は想像以上に大きい。

「自分が死ぬことが前提ですから、考えたくないと思うのは当然です。だからと言って、そのまま放置していてもいつかは“その時”がやってくる。そうなる前に、親族まで交えた『家族会議』をしておくことで、回避できる後々の面倒やトラブルは数多くあります」

 そう話すのは、まこと法律事務所の代表弁護士・北村真一氏だ。「面倒」や「トラブル」の多くが“お金絡み”だ。遺族同士のトラブルと言えば「相続」である。

 2015年に相続税の基礎控除額が引き下げられ、相続に悩まされる人は増えた。また、2017年の司法統計によると、家庭裁判所に持ち込まれる遺産分割紛争の実に75%が、遺産総額5000万円以下のもので、“うちはお金持ちじゃないから大丈夫”と思っている家族ほど、トラブルに発展している実態が浮かび上がる。

 ただ、難しいのは、“相続について話し合う”ということ自体がタブー視されてきたことだ。その結果、“どんな財産があるのか”すら、共有できていない家族が圧倒的に多い。財産を把握することの重要性を税理士法人タックス・アイズ代表の五十嵐明彦氏は説く。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。