マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続争いの75%が遺産5000万円以下 紛争避けるには財産目録の作成を

2019年1月16日 7:00

「預貯金の額、不動産や有価証券、貴重品の有無、果ては借金まで、死後に正確に把握することは難しい。あるはずのものがなかったり、ないはずのものが後になって出てきたりすると、深刻なトラブルにつながる。相続を“争続”にしないためには、何よりまず生前の家族会議で『財産目録』を作成しておくことです」

 では、相続人が遺産分割協議をスムーズに行なう上で絶大な効果を発揮する、「財産目録」はどのように作ればよいのか。

「通帳レス」時代に「紙」で残す意味

「父が亡くなってから、普段利用していた銀行の通帳を確認したら、100万円ほどしか入っていなかったんです。貯蓄に熱心で、散財するような性格ではなかったから、おかしいなと。遺品には他の銀行の通帳はなかったので、片っ端から問い合わせをしたら、別の銀行に500万円ほど入った口座を持っていた。あのまま気付かなかったらと思うと……」(50代男性)

 両親がどこの銀行に口座を持っているかすべてわかる、と自信を持って言える人は珍しいだろう。ペイオフ対策に、複数の口座に分散させているケースもある。

 通帳が見つかればいいが、エコの観点から「通帳レス」のサービスをしている銀行も多い。手数料の優遇などもあり普及が進んでいるが、それが落とし穴にもなる。

「最近では、通帳もキャッシュカードもないネット銀行が見落とされているケースが増えている。財産目録作成の際には、〈貯金が○○円〉といった書き方ではなく、銀行名や支店名、通帳の保管場所なども一緒に記載した方がいいでしょう」(前出・五十嵐氏)

 実家片づけ整理協会代表理事の渡部亜矢氏は「通帳を並べて写真を撮っておく手もある」と話す。前出・五十嵐氏はこう続ける。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。