マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

相続した土地が共有名義で売れない? そんなトラブルを避ける方法

2019年1月17日 16:00

相続トラブルを回避するためには何をすればよい?

相続トラブルを回避するためには何をすればよい?

 親が亡くなった後、相続した土地を処分しようとしても一筋縄ではいかないケースも少なくない。ある60代男性が語る。

「父が亡くなり、もう誰も住まない実家は処分しようと考えていたら、土地の名義が叔父との共有になっていて、自分だけの判断では売れない状態だったんです。どうやら、祖父が亡くなったときに共有にしたようですが、固定資産税は父が払っていたので父の所有だとばかり思っていた。叔父との関係が良好だったからよかったものの、“代々の土地だから売るわけにはいかん”とでも言われていたら、面倒なことになっていました」

 生前に遺産の目録作成を作成する時には、登記簿などで名義や抵当権の設定の有無まで確認するのが望ましい。まこと法律事務所の代表弁護士・北村真一氏が解説する。

「“田舎の山一帯を持っている”といった場合でも、細かく確認すると不動産が何筆にも分かれていたりすることもあります。目録には詳細な地番を書き入れるようにしておけば、遺産分割もやりやすい」

 株や投資信託で資産運用を行なっている場合には、どこの証券会社に口座を開設しているかを家族で共有しておく必要がある。税理士法人タックス・アイズ代表の五十嵐明彦氏が解説する。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。