マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国富裕層の資産が「自宅不動産」に偏っていることの意味

2019年1月23日 11:00 マネーポストWEB

中国の富裕層の資産構成はどうなっているのか(上海。Imaginechina/時事通信フォト)

 中国富裕層の資産額はアメリカ世帯と比べてもそれほど遜色のない水準となってきた。広発銀行連合西南財経大学が発表した「2018中国都市家庭財富健康報告」によれば、中国都市部世帯のトップ20%における世帯当たり資産額は7272万円(454万5000元、1元=16円で計算、以下同様、2017年)で、アメリカの世帯当たり資産額8480万円(2016年)と比べ、14%ほど少ないだけとなっている。

 過去6年の年平均伸び率を比べると、中国都市部トップ20%が4.3%の伸びであるのに対してアメリカは3.1%で、中国の方が1.2ポイント高く、年々その差を詰めている。

 IMF統計によると、2017年における中国の経済規模は世界第2位だが、一人当たりGDPでは8643ドルで76位に過ぎない。30位の韓国(29938ドル)、25位の日本(38449ドル)、16位の香港(46080ドル)、9位のシンガポール(57713ドル)、8位のアメリカ(59792ドル)などと比べると、大きな差があることがわかる。

 今回の調査は全国7大地区から23都市を選び出し、調査した結果である。残念ながらその具体的な都市名までは明らかにされていないが、例えば、2017年の非農村部の人口は8億1347万人いる。カバレッジが違うので、大雑把なことしか言えないが、世界でも有数の富裕層が中国にいるということは間違いないだろう。

 ちなみに、クレディスイスの調査によれば、2017年における中国の100万ドル以上の資産を持つ富裕層の数は350万人に達しており、既に日本を抜いて世界第2位となっている。

 もっとも、興味深いのは所得や資産構成である。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。