マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

知れば知るほど奥深いイオングループの株主優待 最もお得なのは?

2019年2月12日 20:00

イオングループの株主優待は2月に一斉に権利確定日を迎える

 株主優待を愛する投資家にとって、2月は「イオンの月」だ。イオングループは、持ち株会社であるイオンを筆頭に、全国のイオン地域会社、マックスバリュなど21社が日本の株式市場に上場しており、その大半が株主優待を実施している。これらの優待が、2月に一斉に権利確定日を迎えるのだ。

 優待内容の多くはイオングループ各社で使える割引券やギフト券、あるいはキャッシュバックなので、普段の買い物でイオングループを利用する個人投資家にとってはお得な優待だ。地域会社であってもこれらの優待は全国のイオングループで使えるので、地元にこだわらず優待のお得度で選ぶ方が有利となる。

 1000円の買い物ごとに使える100円の割引券の優待を採用しているのが、イオン北海道(7512)と、スーパーのマックスバリュ東北(2655)、マックスバリュ中部(8171)、マックスバリュ東海(8198)、マックスバリュ西日本(8287)、イオン九州(2653)の各社だ(以下、文中の株価や投資額は2月上旬現在)。

 優待額の利回りだけで計算すると15万円程度の投資で50枚もらえるマックスバリュ東北が最も有利なのだが、同社は無配のため配当を考慮すると必ずしも有利とはいえない。イオン北海道(7512)は最低投資額が8万円程度で、割引券は25枚、配当は1年で1200円予想と、優待と配当を足した利回りが4.6%とお得感がある。

 ただし、この割引券は1000円の買い物ごとに1枚を、その都度レジで出す必要がある。財布に入れておくとかさばるので面倒と感じる人もいるかもしれない。そんな人は、イオンモール(8905)に注目だ。19万円程度の投資で3000円相当のイオンギフトカードが贈られる。イオンギフトカードはプリペイドカードで、条件付きの割引ではなく全額支払いが可能だ。1枚で残高がなくなるまで使えるので、使い勝手が良い。イオンディライト(9787)も、40万円ほどの投資で2000円分のイオンギフトカードがもらえる。いずれも利回りとしては100円割引券に劣るが、使い勝手を重視するならこちらが便利だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。