マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

“不動産女王”だった樹木希林さんの家族を幸せにする相続術

2019年2月8日 7:00

 相続コーディネーターの曽根恵子さんは、樹木さんが遺言書を作っていた可能性を指摘する。

「通常の相続では、亡くなった後10か月の申告期間中に不動産などの財産評価を行って相続税を算出し、遺産分割協議を行います。樹木さんの場合は早いうちに遺産相続が終わっていたようで、生前に相続先を指定する遺言書を書いていたと思われます」

 樹木さんの遺産の法定相続人は配偶者の内田と、娘の也哉子、婿養子として養子縁組を結んだとされる本木だ。しかし、本誌が把握する限り、内田は相続のすべてを放棄することに同意したとみられる。

 樹木さんの死後、都内にある3つの戸建ては相続により名義が樹木さんから也哉子に変更された。樹木さんが2分の1、本木が2分の1を所有していた戸建てDの土地も、樹木さんから也哉子に名義変更されている。マンションも、本木や孫の伽羅(19才)の所有となり、「内田裕也」名義のものは、1つもない(下図参照)。

樹木希林さんの遺産相続
樹木希林さんの遺産相続

「配偶者が相続する場合、1億6000万円まで非課税という配偶者控除があり、大幅に節税できます。それでも今回、内田さんが不動産の相続を放棄したとみられるのは、樹木さんの遺志を尊重し、『2次相続』の対策を考えたのかもしれません」(前出・曽根さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。