マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「義父母の旅行アテンド」まで… 富裕層ママが直面した嫁姑問題

2019年2月21日 17:00

嫁にとっては困った事態に(写真はイメージ)

 東京の中でも高級住宅街として知られる港区・麻布界隈。そこに住む富裕層の“麻布妻”たちは、一見、何不自由ない生活を送っているように思えるが、「嫁姑問題」からは逃げられないようだ。ライターの高木希美氏がリポートする。

 * * *
 夫がバリバリ働いて稼ぐ富裕層の妻の間でよくあるのは、夫の両親とのコミュニケーションが「妻任せ」になることです。もちろん「うまくやっている嫁」も多いのですが、そこは嫁姑、トラブルも起きがちになります。麻布妻の真美子さん(仮名)が巻き込まれた“事件”を紹介しましょう。

 真美子さんは29歳で、2歳になる息子さんがいます。ご主人は43歳という「年の差婚」。お医者さんらしく、土日でも帰れないことが多いそうです。真美子さんはこう語ります。

「うちの主人、帰宅する日は遅い時間でも『家で食事したい派』なんです。だから、育児と夕食作りのワンオペで忙しくて……。『専業だから家のことをやるのは当たり前』って夫にも言われるんだけど、どうしても子供がいると何か犠牲にしないといけなくて。最近は掃除が全然できてないんです」

 そんな日常に義父母とのやりとりが加わります。

 ふだんは九州にいる義父母。子供の写真をアルバムにして送ったり、その御礼でイチゴの「とよのか」と一緒に「孫に食べさせてあげてね」と手紙が来たり、そのまた御礼で……といったやりとりをしている程度だったそう。

「夫には報告するんですけど、実家には電話1本もしてくれない。だから、私が全部やりとりすることになります。直接顔は合わせないけど、全部私がやらなきゃいけないとなると、地味にストレスが溜まるんですよね……」と真美子さん。

 そうした中、この1月、ご主人の両親が上京してきたそうです。お友達含めて5人組で東京観光したいから、いろいろ手配してほしいとお願いしてきたとのこと。ご主人はちょうど学会などで多忙で、その役回りは真美子さんが引き受けることになりました。

 1日目は浅草や歌舞伎座に、2日目はスカイツリー、3日目は六本木ヒルズでご飯に東京タワー見学をして帰るというベタベタな企画を提案したところ、義父母は大喜び。そして「友達にも孫を見せたいし、真美子さんも来てほしい。なかなか東京に来る機会がないから、3日間とも一緒にいてくれた方が安心だ」と言い出しました。

 真美子さんは、仕方なく息子さんを連れて参加したそうです。

 子連れOKなランチのお店を予約したり、「道が分からないかもしれないから」とホテルまで迎えに行ったり、カメラマンの役割を頼まれたり……。初対面の義父母の友達の相手もさせられた上に、食事はすべて割り勘。

「夫のカードで切りましたが、“ここで払わされるんだ……”とけっこうびっくりしました。なかなかの苦行でした」(真美子さん)

 帰宅したら息子をお風呂に入れて寝かしつけ。加えて夫の夕食。家は荒れ放題荒れていたそうです。そして最終日の4日目──。

 義母が朝から電話をかけてきて、「飛行機まで時間が余っていて、もうお土産も買ったし、真美子さんのおうちに行っていいかしら? 友人も、東京の高級マンションを見たいって言っているのよ。いいでしょう?」とぶっ込んできました。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。