マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

金融機関で退職金争奪戦 「専用定期預金」なら金利2%超も

2019年3月29日 7:00 週刊ポスト

多くの金融機関が用意する「退職金専用定期預金」とは?
多くの金融機関が用意する「退職金専用定期預金」とは?

 退職金は、多くの勤め人にとって「人生最大の現金収入」だ。それだけに、現役時代に利用してきた「給与振込口座」に眠らせていては大きな損をすることになりかねない。ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏がいう。

「銀行や信用金庫など金融機関の多くは、退職金の獲得をめざして様々な特典を盛り込んだ『退職金専用定期預金』を用意しています。

 最大のメリットが金利優遇です。預入期間が1~6か月と短い代わりに、その間は0.5~1.5%と一般的な定期預金の50~150倍前後の金利がつくケースもある。

 大手銀行よりも地方銀行、信用金庫など中小の金融機関のほうが金利が高い傾向にあり、中には2%超の金利を設定する金融機関もあります」

 退職金専用定期の開設に必要なのは、退職証明書や退職金の源泉徴収票など。基本的に定期預金は満期まで引き出せないが、手元資金に余裕がある場合には、積極的に検討したいところだ。

 開設は「退職後1年以内」という条件がつくケースが多く、原則として、預入期間が過ぎると一般の定期預金と同じ金利に変更される。

※週刊ポスト2019年4月5日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。