マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金受取口座、あえてネット銀行を選ぶメリットは?

2019年4月2日 7:00

ATMの引き出し手数料も考えて年金受取口座を選びたい

ATMの引き出し手数料も考えて年金受取口座を選びたい

 老後資金の柱である年金。日常の生活資金として使う場合、現役時代の口座からの変更を検討すべきだという。ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏がいう。

「リタイアすると、働いていた頃と生活範囲は一気に変わります。現役の時は、自宅近く以外でも、勤務先や出先で必要になったときにすぐATMが利用できる都市銀行は便利でしたが、リタイア後は地元の信金など支店が1つしかないような金融機関でも問題ないケースが多いかもしれません」

 その際のポイントとして「手数料」を忘れてはいけない。

「年金受取口座に設定すると、ATMの引出手数料が無料になる金融機関があります。現在の普通預金の金利では100万円預けても利息は年80円ほどですから、たった1回の引出手数料で利息が吹き飛んでしまうほど。コンビニのATMで引き出しても手数料無料の口座を選ぶといい」(同前)

 年金を元手に投資を考えている人はネット銀行という選択肢もある。現在、年金の受取口座として指定できるのはソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、新生銀行の5行だ。

「ネット証券会社と紐づいたネット銀行の口座なら、投資の際に証券口座への資金移動が容易です。さらに、手数料が無料だったり、金利が上乗せされるなどのサービスもあります」(同前)

 年金の受給開始年齢が近づくと、手元に「年金請求書」が届く。これに必要事項と振込口座を記入して年金機構に届ける。そうした手続きを始めるまでに、「どの口座で受け取るとお得か」をじっくり考えておくことだ。

 よりお得な口座を選べば、多くの「果実」を得られる。

※週刊ポスト2019年4月5日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。