マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

つみたてNISA 運用時のポイントと注目投信11本

2019年4月7日 20:00

つみたてNISAの注目投資信託11本
つみたてNISAの注目投資信託11本

 昨年1月からスタートして、早くも100万口座を突破した「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」。最大のメリットは、運用で得た利益や分配金が課税されないことで、通常なら約20%の税金がかかるところ、利益を丸ごと受け取れる。非課税投資枠は年間40万円、期間は最長20年間となる。

 それでは、つみたてNISAでは、どんな商品を選んで、どんな運用をしたらよいのか。以下、解説していこう。

商品の選び方

 つみたてNISAの口座開設が完了したら、いよいよ商品の購入となる。具体的に、何を基準にどんな商品を選べばよいか。初心者の商品選びのポイントについて、ファイナンシャルプランナーの山中伸枝さんは次の3つを挙げる。

「初心者の商品選びの条件は、まず【1】世界中に投資できる『バランス型』のものを選ぶこと。次に、バランス型の中でも先進国や新興国など、【2】どの『国』と『資産』に比重を置いているかを見ること。そして最後に、【3】『運用実績が長いもの』かどうか。この順番で考えましょう。

【1】は、たとえば日本株だけに投資する商品だと、日本の景気が悪くなった時、その商品も一緒に運用成績が悪化してしまいます。特定の国、特定の資産の商品に偏っていると、それだけリスクが高くなってしまうのです」

 商品名に「バランス」や「均等」などの文字があれば「バランス型」だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。