マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金受給の分かれ道、「夫の繰り上げ」で大損か「妻だけ繰り上げ」で得するか

2019年4月15日 16:00

妻だけ「繰り上げ」でこんなにお得
妻だけ「繰り上げ」でこんなにお得

 年金の繰り上げ受給は早くもらえることと引き換えに、受給額が減額される仕組みだ(前倒し1か月ごとに0.5%減)。そこで大きな問題となるのが、「在職老齢年金」の仕組みである。

「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が解説する。

「60歳を過ぎても厚生年金に加入して働きながら年金を受け取る場合、65歳未満の人は『給料と年金の合計』が28万円を超えると、年金の一部がカットされてしまいます(65歳以上は47万円超)。働けば働くほど、年金の減額幅が大きくなっていくのです」

 この「在職老齢年金」の制度があることが、本来65歳からの年金受給を前倒しする「繰り上げ受給」を選ぶ上でもネックとなる。

 都内在住63歳の専業主婦Dさんは、本来ならば65歳から始まる基礎年金の受給を60歳に繰り上げた。

「65歳からもらっていたら月額約6万2500円のはずだった年金が、月額約4万4000円まで減額されましたけど、これでよかったと思いますよ。将来的に年金制度は崩壊しないまでも、額が減らされることは確実でしょう? それなら、早くもらっておいたほうがいい。

 繰り上げするって決めたのは、女友達のアドバイスがあったから。その友達のご主人は60歳過ぎても働いていて、“旦那の年金を前倒しするとカットされちゃうけど、私の年金なら早くからもらっても大丈夫だから”っていっていました」

 こうした「妻だけ繰り上げ受給」が、今後は「賢い選択」として広がっていく可能性が高い。背景には逼迫する60代以降の生活がある。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。