マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

セブン&アイとイオン、2大流通グループの創業家めぐる課題

2019年5月2日 7:00 週刊ポスト

セブン&アイHD名誉会長の伊藤雅俊氏(写真:時事通信フォト)
セブン&アイHD名誉会長の伊藤雅俊氏(写真:時事通信フォト)

 セブン-イレブンを成長させた立役者としてセブン&アイ・ホールディングスに君臨してきた鈴木敏文会長兼CEOが突然の引退を発表して丸3年が経つ。表面的には社長人事を巡る対立が引き金だったが、背後には創業者で大株主の伊藤雅俊・名誉会長との確執があったとされる。

 不祥事などをきっかけに経営の一線を退いた伊藤氏は、セブン&アイのカリスマ経営者になっていった鈴木氏に全幅の信頼を寄せ、異論を挟むことはなかった。それが突然、鈴木氏の提案する人事を大株主として認めない、という行動に出た末に、鈴木氏が自ら身を引く形になった。

 当時、鈴木氏は「世代替わりがあった」という意味深長な言葉を述べている。どうやら雅俊氏本人というよりも、次の世代の創業家の周辺が、鈴木体制に不満を持っていたというのだ。

 伊藤家の第2世代は、人事権を握っていた鈴木氏が、自らの子供を後継にしようとしているのではないか、と疑っていたという。もともと社外にいた次男の鈴木康弘氏を2014年末にグループのIT(情報技術)責任者に抜擢、翌年にはホールディングスの取締役にいきなり据えた。この人事を見た創業家は危機感を募らせたとされる。

 鈴木家の凋落とは対照的に俄然注目されることになったのが、伊藤雅俊氏の次男、伊藤順朗氏だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。