マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

セブン&アイとイオン、2大流通グループの創業家めぐる課題

2019年5月2日 7:00

セブン&アイHDと伊藤家
セブン&アイHDと伊藤家

 銀行勤務を経て、1990年にセブン-イレブン・ジャパンに入社、2007年には常務執行役員になったが、その後、2009年にホールディングスに転籍後は取締役執行役員として「敏文体制で不遇をかこっていた」(同社OB)。突然、取締役に抜擢された鈴木家の次男と違い、6年にわたって目立たないポストに留め置かれたわけだ。

 結局、敏文氏が会長を辞任した後に、力関係の変化が鮮明になる。同じ年の年末で鈴木家の次男は取締役を辞任する一方、2016年末には伊藤家の次男は取締役常務執行役員に昇格。経営推進室長という社長の右腕にのし上がった。新聞各紙は「創業家への回帰鮮明に」と書きたてた。「創業家」としての資本の論理が、「カリスマの経営力」に勝ったということになる。

 鈴木敏文氏がセブン&アイを去ったこととの因果関係は別として、その後、コンビニ業界を取り巻く環境は激変している。人手不足が深刻になり、24時間営業に対するフランチャイズ店長の不満が爆発した。

「鈴木さんがトップだったら、店長たちがマスメディアに苦境を訴えることもなかっただろうし、24時間の見直しももっと早くに鈴木さんが始めていた」

 と鈴木氏をよく知る関係者は言う。果たして、そうした苦境を創業家の後継は乗り越えることができるのか。

35歳で子会社社長

イオンの岡田元也社長(写真:時事通信フォト)
イオンの岡田元也社長(写真:時事通信フォト)

 同じ流通業界ではイオンも世襲の色が濃くなっている。イオンは岡田卓也氏がグループ300社、連結売上高8兆円という巨大企業に育て上げた事実上の創業者だが、長男の元也氏がジャスコ時代の1997年以来20年以上にわたって社長の座についている。

 同社が財務局に提出した決算書には同社のリスクとして、「(事業の成否は岡田元也社長及び他の幹部経営陣の)能力に相当程度依存しております」とし、岡田氏らに匹敵する能力と経験のある人材を確保できない場合、大きなリスクになるとしている。

 創業家トップに権限が集中していることを窺わせるが、果たして元也氏に匹敵する能力を持つ人物とは誰なのか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。