マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

私が過ごした平成「社畜」時代 会社に寝泊まり、机にはレタス…

2019年5月4日 16:00

あの頃は、徹夜で仕事も当たり前だった(イメージ)

 令和の時代に入った。ツイッター上では、平成の有名CMコピー「24時間働けますか」に驚愕する声が出るほか、平成のドラマ『働きマン』と令和のドラマ『わたし、定時で帰ります。』を挙げて「社畜=平成」と「働き方改革・ゆとり=令和」を対比させる画像も出ている。平成時代に広告会社に入社し、「社畜」として働いていたことを自任するフリーライターの中川淳一郎氏が、当時を振り返る。

 * * *
 私が会社に入ったのは平成9年(1997年)でした。バブル期は終わり不況の時代に入ってはいたものの、「長時間労働するヤツがエライ!」的雰囲気はまだ残っていました。会社には平成13年(2001年)までの結局4年しかいなかったのですが、今考えても「あの時の社畜っぷりってどうしてあそこまでやれたのだろうか……」と思います。

 私は広告会社の博報堂に入ったのですが、最近も同社の人と仕事をすると明らかに平成10年代と比べて長時間残業は減っているようで、労働時間も短くなっています。電通の過労死事件があったことも影響し、広告業界自体が「働き方改革」を進めていることをひしひしと感じます。

 2001年からフリーランスになり18年が経ちますが、どう考えても労働時間がもっとも長かったのは、会社員時代の2年目~4年目だと断言できます。通常、フリーランスは下請けのため、もっとも長時間の労働を強いられるのかと思いきや、どうも会社という組織にいることが長時間労働の温床であり、それが「社畜」になるのでは……なんてことを今となっては思います。それでは今では考えられない平成の「社畜」エピソードをいくつか紹介します。とにかく残業が多かったのと、今では非常識なことがまかり通っていた感があります。

タバコはどこでも当たり前だった

 会議室には灰皿が設置されており、参加者6人中5人が喫煙者なんてこともザラでした。常に煙幕が張り巡らされており、唯一の非喫煙者である私としてはしんどかったのですが、同席しているのはいずれも年上の皆様方のため、文句を言うことなどできません。1時間半ほどの会議をすると、直径15cmほどの銀色の灰皿は吸殻でいっぱいになっていました。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。