マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

普及するシェアサイクル 愛用者はどう活用しているのか

2019年5月30日 7:00

都市部を中心に普及が進んでいるシェアサイクル

都市部を中心に普及が進んでいるシェアサイクル

 必要な時に共用の自転車を借りることができるシェアサイクル。日本国内では、東京都内10区での相互乗り入れが可能なNTTドコモ傘下の「ドコモ・バイクシェア」やソフトバンク系の「Hello Cycling」、フリマアプリ「メルカリ」と福岡市が実証実験を行う「メルチャリ」など、複数の事業者が参入している。

 シェアサイクルは、サイクルポート(以下「ポート」)と呼ばれる専用駐輪場で、車体を借りたり返却したりする。車体にはGPSが搭載されており、利用者は専用アプリで利用可能な車体を調べ、その場で予約することが出来る。料金は利用した時間に応じて請求する料金形態が一般的だが、1日限定で乗り放題することができるプランや、月額の定期利用、法人利用が可能なサービスなども存在する。

 20代女性・Aさんは、引っ越しを機にシェアサイクルを利用するようになった。現在住んでいるマンションの自転車置き場がすでに埋まっており、途方に暮れていたところ、家の近くにポートがあることを発見して愛用者になった。今では、週末を中心に月に5、6回ほど利用している。

「電車やバスだと、なかなか来ないときもありますし、混雑やトラブルなどによる時間のロスもある。なので、『今帰りたい』という時には重宝します。30分以内の移動が多いので、利用料金も1か月に1000円以下。なんとなく風を感じたい気分の時に、電動自転車で街をスイスイと進めるのは最高です」(Aさん)

 Aさんが利用するサービスは、自転車専用の地図アプリと提携している。ポート間の道のりと距離を調べてくれるため、返却先を探す時に困ることもないという。

「シェアサイクルがあるから、気軽に家を出るハードルが下がって、家の近くを探索できるようになりました。シェアサイクルのない生活は考えられないです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。