マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

“台湾のトランプ”は米中貿易戦争の救世主になれるか

2019年5月31日 7:00

鴻海精密工業会長の郭台銘氏が台湾総統になったらどうなるか(イラスト/井川泰年)

鴻海精密工業会長の郭台銘氏が台湾総統になったらどうなるか(イラスト/井川泰年)

 泥沼化する米中貿易戦争に着地点が見えないなか、2019年1月の台湾総統選がいっそう混乱の輪を広げそうだ。世界最大の電子製品受託製造サービス(EMS)企業・鴻海(ホンハイ)精密工業会長の郭台銘(テリー・ゴウ)氏が国民党の候補として出馬を表明し、台風の目となっている。経営コンサルタントの大前研一氏が、“台湾のトランプ”とも言われる郭氏出馬が米中貿易戦争に与える影響について考察する。

 * * *
 私は鴻海精密工業会長の郭台銘氏と面識があり、何度か1対1で相談に乗ったことがある。シャープ買収が話題になっていた時も、アドバイスが欲しいという電話があった。たまたま私は別件で台北を訪れていたのだが、彼は主力工場がある中国・成都にいたので「そちらに行く時間はない」と答えた。

 すると郭氏は、押っ取り刀で成都からプライベートジェットのガルフストリームに乗って台北の松山空港に飛んできた。そして空港で私と合流し、ミーティングが終わったら再び成都に戻っていった。

 だが、基本的には郭氏は少数のスタッフ以外はほとんど人の意見を聞かず、誰にも相談せず、自分の思いつきで自分が正しいと思ったことを次々に断行するタイプである。タガを嵌められる人間はいない。そういう意味では、ソフトバンクグループの孫正義会長とよく似ている。

 また、郭氏は目標が定まると死ぬほどそこに集中し、決して現場任せにはしない。たとえば、かつて鴻海精密工業がアップルのiPhoneを言語や電圧や周波数が異なる世界中の国々の発売日に合わせて1日で800万台出荷した時、彼は3週間くらい前から成都の工場に寝泊まりして陣頭指揮を執っていた。アップルのスティーブ・ジョブズが要求する無理難題には一度もNOと言わなかった、という逸話もある。上昇気流に乗った経営者としては模範を絵に描いたような人物だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

500ポイント以下の少額で株を買える「Tポイント投資」を徹底解説
月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。