マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「大人のひきこもり」を誘発した団塊世代の親からの過剰な期待

2019年6月27日 16:00 女性セブン

親の支援で生活している「中高年のひきこもり」は少なくない(内閣府「生活状況に関する調査(平成30年度)より作成)
親の支援で生活している「中高年のひきこもり」は少なくない(内閣府「生活状況に関する調査(平成30年度)より作成)

「大人のひきこもり」が社会問題としてクローズアップされている。内閣府は今年3月、初めて中高年(40~64才)を対象にひきこもりの実態調査「生活状況に関する調査(平成30年度)」を実施し、中高年のひきこもりが全国に61.3万人いることがわかった。

 典型的な中高年のひきこもりのイメージは、年老いた両親(80代前後)がひきこもりの子供(50代前後)の生活の面倒をみる「8050問題」のように、「老親と同居する独身の子供」というものかもしれない。だが現実には、正社員として就職した後に家庭を築いてから、仕事や職場でのつまずきがきっかけで退職し、配偶者や子供と同居しながらひきこもりを続ける人も少なくない。

 統計上、ひきこもりには男性が多いので、「妻や子供と暮らす夫がひきこもる家庭」がかなり存在すると考えられる。

 このように親と別居するひきこもりは多いが、そうはいっても「別居」と「経済的独立」は別のことだ。ひとり暮らしをしていたり、配偶者と暮らしていたりしても、実態は、多くのひきこもりが親からの援助で生活している。

 生計を立てている人は誰かを聞いた内閣府調査によると、約34%が「両親」、次いで「ひきこもり本人」が29.8%だった。ひきこもり本人が生計を立てられている理由は、貯金のほか、親の遺産が大きく反映されているとみられる。そのため、いずれにしても、ひきこもりには親の支援が不可欠であることを示している。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。