マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

大阪G20 米中問題解決どころか効果的な合意はひとつも望めない

2019年6月29日 11:00

G20サミットでどのような合意がなされるのか(左からトランプ米大統領、安倍晋三首相、習近平中国国家主席。AFP=時事)

 6月28日から、主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が大阪で始まっている。既に27日から、外交交渉はスタートしている。

 今回の大阪G20で特別に注目されているのは米中首脳会談だ。ただし、結論を予想するならば、米中首脳会談でも、米中貿易摩擦問題は解決しないし、大きな進展も期待できない、と考えている。

 それでも、せっかく米中の首脳が会談するのだから、何かしらの合意は発表されるのだろう、と予想する。その合意は本質的な解決策ではなく、米中首脳会談が実施されたことに対するパフォーマンスと考える。

 全くの合意も無く決裂する可能性もあるのだが、米中首脳はそれぞれの自国に対して政治的なパフォーマンスを示す必要があるので、決定的な決裂は避けるだろう。

 今回の大阪G20そのものにしても、結論を予想するならば、大した成果は望めないのではないか。

 このところのG20の声明では、「保護主義に対抗する」という文言が削除されている。米国が保護主義的な政策を採っている以上、今回の大阪G20の声明でも「保護主義に対抗する」という文言を盛り込むことはできないだろう。そうなると、取るに足りない合意を、大々的に美化し、自画自賛するだけに終わるのではないか。

 もっと辛辣に言うならば、今回のG20で効果のある合意はひとつも無いだろう。確かに、世界中のそれぞれの国家の代表が集まるのだから、「何も無い」では身も蓋も無いが、そもそもG20は効果的な合意を形成できる場ではない。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。