マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

『いきなり!ステーキ』と『チカラめし』、新興チェーンの明暗分かれた戦略

2019年6月28日 7:00

1年で190店舗も増加した『いきなり!ステーキ』

1年で190店舗も増加した『いきなり!ステーキ』

「あのお店、最近よく見かけるなぁ」「以前はよく目にしたのに、もうなくなったのか」──街中を歩いていると、飲食チェーン店の移り変わりの激しさに驚かされる。

 とくに近年、店舗数を増やしているのが、立ち食いスタイルで低価格のステーキが味わえる『いきなり!ステーキ』だ。2013年12月に東京・銀座に1号店をオープン。6月19日現在では、全国に466店を構える。2018年6月末時点では276店だったから、このわずか1年で190店も爆発的に増やしたのだ。ビジネス誌『経済界』編集局長の関慎夫氏が解説する。

「リブロースステーキなら1グラム6.9円と、低価格かつグラム単位で注文できるオーダー制が話題となり人気を得ました。1人でも気軽に食べに行ける“1人ステーキ”の市場を開拓したことも好調の要因でしょう」

 一方、「急に見かけなくなった」チェーン店もある。

 2011年6月に1号店が誕生した『東京チカラめし』は、吉野家、松屋、すき家の“牛丼御三家”に対して「焼き牛丼」という新機軸で挑んだが、ピーク時の130店舗から、現在ではわずか8店舗(6月19日時点)にまで縮小した。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。