マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

残念すぎる刺盛りを食べて思い出した「コスパ悪すぎメニュー」の数々

2019年4月6日 16:00

某居酒屋で出てきた500円の「お通し」

 節約したいならば自炊するに限るだろうが、そうはいっても「ハレの日」には特別な気持ちで外食したいもの。しかしながら、「残念すぎる外食メニュー」というものは確実に存在する。ほぼ毎晩どこかで酒を飲んでいるというネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、自身が経験した「あまりにもコスパが悪いメニュー」を振り返る。

 * * *
 私は「コスパ」という言葉は本来は嫌いです。出てきたものを「得か損か」でしか考えないというのはさもしいと思うからです。しかし、時々「コレでこの値段はアリかよ!」と絶句してしまうようなものが出ることもあります。

 先日・富山に行ってきたのですが、居酒屋で「富山湾の刺身3種盛」なんてものがあったんですよ。価格は2500円のデラックス価格! となれば、すごいのを想像するじゃありませんか。「それはお前が期待し過ぎw 貧乏人乙」とは言わないでください。散々東京で「刺身3種盛」を食べてきて、これらはまぁ、1500~1800円ほどです。2500円を取るには「5種盛」が妥当です。というわけで、私は2500円の「富山湾の刺身3種盛」で以下のようなものが出てくるのを期待していました。

・分厚いブリが8切れ
・白エビが小鉢から溢れんばかりに入っている
・薄切りのカレイが8切れ+縁側4切れ
・「3種盛」と言いつつも、サービスで締めサバやマグロの切れ端みたいなものが隅っこに置いてあり、実質は「4種盛」

 しかし、実際に出てきたのは、

・白身魚の昆布締め2切れ(恐らくスズキ)
・薄っぺらいブリ5切れ
・白エビが小鉢の下から3分の1ほど入っている

 ……でした。正直880円レベルのものです。店としては、「富山湾の刺身」と書いておけば、バカな観光客は有難がって食うだろう、的なことを考えたのかもしれません。この刺盛りが出た時に落胆したのは、今回一緒に旅行をした大食いで知られる編集者・記者の漆原直行氏です。同氏はこう語ります。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

500ポイント以下の少額で株を買える「Tポイント投資」を徹底解説
月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。