マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「大阪王将」の魅力はメニューにあり 「餃子の王将」との違いは?

2017年12月19日 15:00

大阪王将のチキン南蛮定食。大胆にタルタルソースがかかっている

 餃子チェーンというと「餃子の王将」が有名だが、もうひとつ「王将」という名を持つチェーンがある。それが「大阪王将」だ。同店の成り立ちについて、外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。

「1967年に京都で誕生したのが『餃子の王将』で、そこから暖簾分けする形で1977年に誕生したのが『大阪王将』です。“王将”という名前の使用権を巡って訴訟にもなりましたが、現在は和解。『餃子の王将』は『京都王将』と呼ばれることもあります。京都王将は700店舗以上を運営、大阪王将は360店舗ほどです」

 餃子はもちろん、チャーハンや麺類、八宝菜、麻婆豆腐、酢豚などの定番中華料理を提供する大阪王将。餃子の王将(京都王将)との違いはどんなところにあるのだろうか。

「『京都王将』との大きな違いは、餃子メニューのバリエーションです。『京都王将』は基本的に通常の餃子(240円、税別以下同)のみが販売されていますが、『大阪王将』では『元祖餃子』(241円)のほかに『ジャンボ肉汁餃子』(454円)、『大山鶏の鶏しそ餃子』(334円)、『さくさく揚げ餃子』(241円)、『葱盛り餃子』(334円)が販売されています。さらにスープ系の『スープ海老餃子』(454円)、『ぷるもち餃子』(269円)もあり、いろいろな餃子が楽しめる点が特徴的です」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。