マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」に各国当局が強い警戒感を持つ理由

2019年6月26日 7:00

フェイスブックが参画する仮想通貨「リブラ」の衝撃とは(Getty Images)

 仮想通貨の中では圧倒的に取引量の多いビットコインだが6月21日、価格が急騰、昨年3月以来の1万ドル越えとなった。急騰の要因として、マイニング(発掘)が進んだことで供給量の増加が抑えられる見通しであることや、投機筋の流入なども挙げられようが、何といってもフェイスブック(Facebook)が暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」(Libra)を発行すると発表したことによる影響が大きいとみられる。

 フェイスブックは18日、仮想通貨「リブラ」を発行すると発表した。その目的は、使い勝手の良いグローバル通貨を生み出し、育てることにあり、そのために数十億人規模でサービスを提供できる金融インフラ設備を建設すると説明している。さらに、新たなデジタルウォレットである「カリブラ」を冠した組織を創るとしている。カリブラはフェイスブックメッセンジャーやワッツアップでそのまま利用できるが、iOS、Android向けの独立したアプリケーションを用意し、利用者の拡大を促すようだ。

 仮想通貨としてのリブラの特徴は以下の3点である。

【1】安全で拡張可能、信頼できるブロックチェーン技術を基礎とする
【2】内在的価値のある資産準備を裏付けとする
【3】独立したリブラ協会を設立し、そこがリブラのガバナンスを行う

【1】については、資金力のあるフェイスブックが最新のブロックチェーン技術を開発・利用することになり、安全性、拡張性、信頼性の点で、その他の暗号通貨を凌駕する可能性は十分考えられる。

【2】について、仮想通貨の弱点は「価値の裏付け」がないために、価格変動のボラティリティ(変動率)が大きいことだ。それを補うために、金やその他の資産、通貨のバスケットを裏付けにするようである。詳しい内容は明かされていないが、その他の暗号通貨との差別化に役立つはずである。

「FX」関連記事

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。