マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

大阪G20 米中問題解決どころか効果的な合意はひとつも望めない

2019年6月29日 11:00

 いわゆる「船頭多くして、船、山に登る」のごとく、それぞれの立場を主張すると利害が一致しないので、元来、方向性のある合意は成立し難いのだ。

 そうなると、「みんなで海洋の汚染を防ぎましょう」といった程度の、誰でも漠然と従うことのできそうな合意で、お茶を濁すことになる。

 もちろん、海洋汚染を防ぐために、プラスチックごみを減らすことは有意義なことだが、世界各国の首脳が集まって討議するメインテーマが「プラスチックごみの削減」では、G20の存在意義に疑問が沸き起こる。

 せっかく莫大なコストをかけて、世界各国の首脳が集まるのだから、それぞれの自国に対するパフォーマンスばかりではなく、具体的な効果のある合意を追求する必要があるのではないか。

(2019年06月28日東京時間14:20記述)

◆松田哲(まつだ・さとし):三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として外国為替や投資全般のコンサルティング業務を行う。HPは「松田哲のFXディーラー物語」(http://matsudasatoshi.com/)。メールマガジン「松田哲の独断と偏見の為替相場」も発信中。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。