マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

一筋縄でいかない「人間ドック」受診 仕事に支障、バリウムで悶絶…

2019年7月4日 16:00

ありがたいはずの人間ドックで感じる“モヤモヤ“とは

ありがたいはずの人間ドックで感じる“モヤモヤ“とは

 企業には、従業員に対して健康診断を受けさせる義務がある。厚生労働省が平成28年に実施した「国民生活基礎調査」によれば、20歳以上で過去1年間に健診や人間ドックを受けたことがある人は67.3%。従業員の健康維持のために設けられた制度だが、実際に人間ドックを受ける会社員にとっては、悩ましい実情もあるようだ。

 広告代理店で、営業職に就く20代男性・Aさんは、人間ドックのための時間を割くことに一苦労するという。日中は営業活動やクライアントからのメールや電話など、常に対応できる状態が望ましく、なかなか時間を空けることができない。

「人間ドックを受けるのが、中途半端な時間だと結局前後大幅に時間をとられ、仕事に支障が出てしまう。普段から仕事上の会食も多いので、『21時以降飲食禁止』も正直きびしい。土日の午前中に受けたいのですが、そうすると私費で申し込まないといけない」(Aさん)

 同じ会社内であっても、待遇(?)に違いがある場合もある。メーカーの地方営業所に勤務する社会人3年目の男性・Bさんの場合、年に1回、事業所の敷地内に地元の医療法人の検診車が訪れるので、所内で働く従業員全員がそこで健康診断を受けている。だが、本社に勤務する社員の話を聞いて仰天した。

「本社に配属された同期は、有名大学病院で人間ドックを受けていると聞いて、びっくり。こちらは、学校の健康診断と変わらないような感じなのに、本社組はきれいな大学病院で、しかも健診項目も多い。営業所勤務の社員は大事にされないのかなぁ、と残念な気持ちになりました」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。