マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

韓国、日本の輸出管理強化で中国から調達試みるも代替は困難か

2019年7月17日 7:00

韓国経済はさらなる窮地に陥るか(日本の輸出管理強化に抗議して日本製品の不買運動を訴える韓国の人々。EPA=時事)

 日本は7月4日から、半導体、有機ELパネル製造に必須の感光材(レジスト)、エッチングガス(フッ化水素)、ディスプレイ用樹脂材料(フッ化ポリイミド)を韓国に輸出する際、個別に許可を求めることとした。

 日本経済新聞によれば、韓国はレジストでは91.9%、フッ化水素では43.9%(中国が46.3%)、フッ化ポリイミドでは93.7%を日本から調達している。グローバルでみてもこれらの製品は日本企業のシェアが大きい。

 一部の韓国企業はこの措置によって、大きなダメージを受けるとみられ、彼らは現在、その対策に追われている。

 中国本土のマスコミ情報によれば、サムスン電子、SKハイニックスは現在、中国本土や台湾などのサプライヤーからこれらの商品を仕入れるべく、在庫に余裕のある企業を探している。また、LGは中国のフッ化水素を用いて代替できるかどうか、テストを行っている。

 中国企業でも、この機に乗じて、販売を伸ばそうとするところもある。

 例えば多フツ多化工(002407、深センA株)は昨年、韓国に対してフッ化水素酸(フッ化水素ガスを水に溶解させた製品)の輸出を開始している。既にサムスン電子、SKハイニックスのサプライチェーンに組み込まれており、その製品は3D-NAND、DRAMの製造過程で使用されている。2019年末には年産5000トンレベルの大型生産設備が完成、2020年第1四半期には稼働する見込みである。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。