マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

海外旅行先の日本人のケチさが話題に 今や中国人と韓国人が上顧客

2018年6月30日 16:00

タイなど東南アジアで日本人観光客への評価が変化してきているという(バンコクのカオサンロード。筆者撮影)

 バブル時代、海外旅行をする日本人はブランド店に列をなし、その金満っぷりを世界に見せつけていた。しかしそれも今は昔という状況にあるという。タイ・バンコク発の「一部日本人の評判が悪くなっている」という情報がネット上で多数のシェアをされるなどし、衝撃を与えている。海外旅行における日本人の扱われ方の変化について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏がここ数年で感じたことをつづる。

 * * *
 6月3日、「タイランドハイパーリンクス」というタイ関連の情報を扱うサイトで「【悲報】カオサン界隈で日本人バックパッカーが嫌われ始めています!」という記事が登場しました。同記事では日本人観光客の中には「ベッグペッカー」(物乞いバックパッカー)と扱われる者もいると伝えています。
 
「No money」と書かれたボードを頭上に掲げヒッチハイクをする二人の日本人学生らが批判されたそうです。また、世界中のバックパッカーが集まるカオサンロードでは「鬼のような値引き交渉!」をする日本人学生旅行者がいたり、「フリーハグ」や楽器演奏でカネ稼ぎをしようとする人がいるとのこと。タイ人以外がこの手のことをやることは不法就労にあたり、場合によっては逮捕・強制送還となるそうです。

 これについてですが、なんとなく状況は理解できます。私は2000年から2017年まで、タイには15回ほど行っておりますが、ここ数年は明らかに日本人への扱いが変わっていることを感じます。2010年より前、日本人は金持ちとして扱われていたのです。

 それが、とにかく日本語で喋られる回数が以前より激減しました。2000年代は、街を歩いていたらトゥクトゥク(三輪タクシー)の運転手に声をかけられまくられましたが、それは半減。「バンコクの秋葉原」と呼ばれるパンティップ・プラザに行ったら、「エロビデオエロビデオ」と海賊版DVD屋から熱烈なる声をかけられたものですが、今や声はまるでかけられない。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。