マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

通勤通学ラッシュ 何とか座る確率を上げる7つのテクニック

2019年7月21日 11:00

毎朝、押し合いへし合いだとたまったものじゃない

毎朝、押し合いへし合いだとたまったものじゃない

 家賃や物価の高さ、治安の悪さ、人の冷たさなど、都会生活には嫌な点が多々ありますが、最大のネックは猛烈な通勤ラッシュでしょう。毎朝数十分、押し合いへし合いの混雑に揉まれれば、消費する体力は絶大。座れるか座れないかで、その日の気分や調子は大きく変わってきます。何とか座る確率を上げる方法をライターの金子則男氏が紹介します。

【その1】有料特急や有料座席に乗る
 最近、各鉄道会社は通勤用の有料特急を走らせており、これなら座れるだけでなく、通勤時間の短縮も図ることができます。「ここぞ!」というタイミングで有料列車に乗ったり、グリーン車を使えば、ストレスを大幅に減らすことができそうです。

【その2】学生をチェックする
 スーツや私服の乗客はどこで降りるか分かりませんが、学生は間違いなく学校がある駅で降ります。制服や校章を覚えるも良し、大学生でもどこかに「○○大学」「○○ UNIVERSITY」といったグッズを持っていることがあるので、要チェック。彼らの前に立てば、学校がある駅で確実に席を空けてくれるでしょう。

【その3】降りる人の顔を覚えて、その前に立つ
 通勤通学は、毎朝同じ時間、同じ場所に乗る人が多いもの。神奈川県の戸塚から東京まで通うNさん(40代男性)は、「毎日、顔を見かける人が横浜で降りるので、いつもその人の前に立つ」というテクニックで、乗車時間の大半を座って通勤することに成功しているそうです。ただ、ある日突然、パッタリと“ターゲット”を見かけなくなることもあるそうですが、Nさんによれば、「新たなターゲットを探すのも、通勤電車のささやかな楽しみ」だそう。このポジティブさは見習いたいものです。

【その4】いつもと違う車両に乗ってみる
 どうしても決まった車両に乗りがちですが、いつもと違う車両に乗ってみましょう。改札口や乗り換え口の都合で、ある駅でたくさん客が降りる車両はあるものです。一番前や後ろに行くだけでも、混雑度が大幅に違うのはよくあることです。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。