マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

通勤通学ラッシュ 何とか座る確率を上げる7つのテクニック

2019年7月21日 11:00

【その5】空いたら遠慮せず座る
 たまに「混み混みなのに、誰も座らない」というようなシーンがあります。どうぞどうぞの精神は美しいですが、誰かが座ればその分、混雑も緩和されると考えることもできます。誰かが少しでも立つ気配を見せたら「ここが空いたら私が座りますから」という空気を醸し出すぐらいの根性があってもいいかもしれません。

【その6】早起きする
 鉄道会社は常々、ピーク時通勤を辞めるようにお願いしていますが、なかなか浸透しません。30分不快な思いをするか、30分早く出て、座って通勤するか……今や、30分早く会社に着けば、30分早く帰るような働き方も認められつつあり、これが一番簡単確実かもしれません。

【その7】鈍行に乗る
 鈍行列車は遅い分、乗客の入れ替わりが激しいので、大部分の人が終点まで行くような通勤特急などと比べれば、座れる確率はべらぼうに高くなります。ただ、路線によっては目的地まで果てしなく時間がかかる場合も……。寝てしまうリスクもありそうです。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。