マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

実家が空き家認定、年間100万円以上の負担になることも

2019年7月31日 15:00

自宅売却で余計な出費をなくす方法は?

 不動産取引にはほかにも様々な法律上の制約がある。トラブルになりやすいのが、民法と商法で定められた「瑕疵担保責任」だ。

「売買契約成立後に雨漏りやシロアリ被害など隠れた欠陥(瑕疵)が見つかった場合、買い主は売り主に修繕費などの負担を要求できる制度です」(前出・橘氏)

 売却後に想定外の負担となる可能性もある。

「売る前に不具合を書き出すのは当然のこと、仲介不動産会社にも徹底的に調べてもらう。契約時点で不具合の情報を買い主と共有し、契約書にも明記することです」(橘氏)

 仲介業者選びも大事だ。不動産売買の仲介手数料は、宅地建物取引業法により上限額が定められている。売買価格が400万円を超える物件の場合、仲介手数料の上限は「売買価格×3%+6万円」に消費税分を加えた額となる。

「広告費用や購入希望者の現地案内の費用などは、すべて仲介手数料に含まれます。それらを理由に上限額を超える額を請求されたら、仲介業者を代えたほうがいい」(橘氏)

※週刊ポスト2019年8月9日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。