マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

片づけブームの副作用? 「物欲リバウンド」した人たちの失敗談

2019年8月6日 16:00

片づけにハマった後のリバウンドも…(イメージ)
片づけにハマった後のリバウンドも…(イメージ)

 片づけブームで、不要な物を捨ててシンプルな生活を目指す人が増えている。近年では、必要最小限の持ち物でシンプルに暮らす「ミニマリスト」なる生き方も登場するなど、モノを持たない生き方が浸透しつつある。一方で、モノを減らしすぎたあまり、以前と同じようにモノを買い集めてしまったり、物欲がコントロールできなくなったりする「リバウンド」を経験する人も多いという。

服を捨てすぎた結果、服を買い戻すことに

 30代の女性・Aさんは、夫婦そろってリバウンドを経験中の一人だ。片づけにハマったきっかけは、動画配信プラットフォーム・Netflixで放映された「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~」。片付けコンサルタントの「こんまり」こと近藤麻理恵さんが、訪問した家を片付けることに空間プロデュースするという内容で、世界中で話題となった番組だ。

 Aさんの家庭の場合、Aさんよりも夫の方がハマった。

「今まではまったく家事を手伝わなかった旦那が『KonMari』をきっかけに、片づけに目覚めました。特に集中的にやったのは、クローゼットの中に眠っていた衣類。こんまりさんと同じように一つ一つ手にとって、『ときめきを感じる服』だけを残して、ゴミ袋10袋分の服を捨てました。部屋の中もシンプルで綺麗になり、気持ちもすっきりしましたね」

 家の中は一次的に片付いたため、断捨離直後は充足感を感じていたが、次第に後悔するようになったとAさんは語る。

「古い服を処分できたのは良かったのですが、捨てまくった結果、夫婦ともども、ちょっとしたお出かけに着られる服がなくなってしまいました。今では、大事な洋服を軽々と捨てたことを後悔しながら、似たようなモノを買い戻しています」

捨てた結果、「気が大きくなって浪費」

 40代の女性・Bさんは、収納スペースに入らないモノが増えたことを機に片づけを決意。特に、不要品が溜まりやすいキッチンを中心に物を捨てていった。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。