マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

安値更新が続く豪ドル 長期化する米中貿易摩擦の影響避けられず

2019年8月16日 7:00 マネーポストWEB

オーストラリアドルの安値更新の背景は(写真:アフロ)

 8月13日、米通商代表部(USTR)は、対中追加関税措置の発動を一部延期する、と発表した。米中貿易摩擦問題にとって良い内容であり、株式市場、外国為替市場は、このグッド・ニュースに飛びついた。

 米国株式は急上昇し、外国為替市場では大きく「ドル買い円売り」となった。ドル/円レートで見ると、1ドル=105円台前半から107円近くに急騰した。短時間で約2円の急上昇である。

 これまで安値更新を続けていた豪ドル/円も、この米中関係改善の兆しを好感してか、1豪ドル=71円程度から73円程度に急上昇した。

 しかし、このニュースから程なくして、トランプ大統領は、米国のクリスマス商戦で個人消費が落ち込まないように配慮しただけで、対中国の関係が進展した訳ではなく、対中国に関して手を緩めるつもりも無い旨の発言をしている。

 つまり、8月13日のこのニュースは、一過性のグッド・ニュースに過ぎなかったのである。

 トランプ大統領は、中国との貿易摩擦問題を、大統領選挙で再選するための重要なテーマ(材料)と考えているのだろう。

 中国が圧倒的に屈服して、トランプ政権の要求通りに従うのならば、早期に解決するのだろうが、そうでない場合は、トランプ大統領は米国民にアピールするために、中国に対して強い要求を出し続けることになる。

 プライドが高く面子を重んじる中国が、米国に圧倒的に屈服することは考えられない。米中の貿易摩擦問題は、簡単には解決には向かわないだろう。

「FX」関連記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。