マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

多く返されたお釣りのネコババ 詐欺罪で捕まるのは何円から?

2019年12月7日 7:00

店員がお釣りを間違えて多く渡してくれたら…(イメージ)
店員がお釣りを間違えて多く渡してくれたら…(イメージ)

 リードをつけずに犬を散歩する、外で急にもよおして立ち小便、スーパーの無料の氷をポリ袋に詰めて大量に持ち帰る──日常、何気なくやってしまったことが、実は罪に問われる事例となることがある。

 そして、同じ行為をしながら“逮捕される人”と“逮捕されない人”の「境界線」が存在するが、その線引きはどこにあるのだろうか?

 買い物で店員がお釣りを間違えて多く渡してくれた時に、「ラッキー」とばかりに知らん顔を決め込むと、詐欺罪に問われる可能性がある。

 実際に、コンビニで携帯電話料金など1万5000円を払った男が、お釣りを4万円以上多く持ち去ったとして詐欺容疑で逮捕される事件が15年に起きている。弁護士の鈴木淳也氏が解説する。

「お釣りが多いことに気付いたのにそのまま持ち去れば、詐欺罪が成立します。逮捕された女は『気付かなかった』と供述していましたが、警察は1万円札を何枚も受け取って気付かないわけがない、と判断した」

 お釣りで最高額の紙幣が渡されることに気付かないことはない、というわけだ。であれば、小銭であれば気付かなかったという弁解も成り立つはず……。

「確かに、小銭だと客側も気づかず黙認されるケースもある。境界線となるのは、『絶対に多くもらっている』ことに気付くような金額。1万円以上だと逮捕される可能性が高いでしょう」(鈴木弁護士)

※週刊ポスト2019年12月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。