マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

近隣住人の騒音や悪臭トラブル 「傷害罪」に発展するケースも

2019年12月5日 16:00

近隣住民のトラブルが警察沙汰になるケースとは?(イメージ)

近隣住民のトラブルが警察沙汰になるケースとは?(イメージ)

 予約キャンセルに騒音トラブル、立ち小便まで、同じ行為・トラブルに見えても、警察に「逮捕される人」と「逮捕されない人」がいる。それはなぜか。その境界線は何なのだろうか。騒音トラブルで「傷害罪」に問われた男性のケースを見ていこう。

 自宅で映画を楽しむ、庭でバーベキューを楽しむ──そうした何気ない行為に、近隣住民から苦情が寄せられることがある。

 今年6月、京都府在住の53歳の男が、「自宅の窓を開けて大音量でハードロックを聴き続け近所に迷惑をかけた」として京都府警に軽犯罪法違反の疑いで逮捕された。周辺住民の通報で駆け付けた警察官が音量を下げるよう何度も注意したが、男は聞き入れなかったという。

 こうした行為で逮捕される境界線はどこにあるのか。元検事で弁護士の田中喜代重氏が解説する。

「近所からの苦情でいきなり逮捕・立件ということはありません。騒音や悪臭などについて住民や警察が注意しても聞かない状況が前提になる。さらにそれが原因で近所の住民が体調を崩し、医師の診断書により騒音などとの『因果関係』が証明されれば、傷害罪に発展する可能性もあります」

 故意ではなかったとしても、近所の訴えには真摯に向き合ったほうが無難だ。

※週刊ポスト2019年12月13日号

「不動産」関連記事

【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。