マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療費の負担増ラッシュ 国の制度を賢く利用する防衛術

2020年1月4日 15:00

「窓口負担2割」で病院に払うお金はこう変わる
「窓口負担2割」で病院に払うお金はこう変わる

 政府は医療費を抑えるための制度改革を次々と打ち出そうとしている。2020年6月に自営業者や退職後の元サラリーマン(75歳未満)が加入する国民健康保険の保険料を値上げする方針だ。75歳以上の窓口負担を現行の1割から2割に引き上げる案も出ている。

 またドラッグストアなどで購入できる市販薬と同じような効果の「市販品類似薬」を医療保険の対象から外し、全額自己負担で買わせることを検討している。では、どう対策すればいいか。ヒントは別掲の図のなかにある。

 慢性疾患の通院治療の医療費が「2倍増」になる一方で、「骨折」や「悪性新生物(がん)」で入院した場合は負担に変化がないと試算されている。これは一定額を超えた医療費が還付される「高額療養費制度」の利用を前提とした数字だ。社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの北山茂治氏が解説する。

「今後は高額療養費制度をフルに活用することが重要になってきます。この制度は1か月間の医療費負担の上限を超えた金額が還付される。そのため、同じ『30日間の入院』でも月をまたぐと限度額を超えずに還付金をもらえないというケースが起こる。手術や入院治療が必要になった場合は、緊急でなければ月初めに入院するようにして、できるだけ医療費の支払いを1か月間に集中させる。

 夫婦で同じ医療保険に加入している場合は、高額療養費制度を使う際に世帯内の医療費を合算できるというポイントも重要です。たとえば、妻が入院するとなったら、夫は同じ月に費用が高い歯の保険適用の治療を集中的に行なうようにする。そうすれば妻の入院費で高額療養費の限度を超えるから、夫の歯科治療費の多くは還付されるはずです」

 ただし、注意すべき点もある。図を見ると75歳以上の窓口負担が2割になっても、「高額療養費制度が利用できるから入院治療は負担増なし」に見える。しかし、実際は制度の“狭間”に落ちてしまうケースがあるのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。