マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

国内金価格 2020年には1g=7000円の可能性も

2016年7月12日 7:00

 年初から右肩上がりで、6月には1トロイオンス(31.1グラム)=1300ドルを超えて推移している金相場。日本人はどのような投資戦略を持つべきか、金の動向に詳しい豊島逸夫氏が解説する。

金価格は上がるのか
金価格は上がるのか

 * * *
 かねてより私は「ドル建て金価格は2020年までに1700ドルに達する」という長期見通しを立ててきた。いまもその見立てにまったく変わりはなく、今年はその長期上昇トレンドの1年目と見て間違いないだろう。

 さて、私たち日本人にとって身近なのは円建て金価格である。4月から5月にかけて上昇が目立つドル建ての海外金価格に比べ、円建ての国内金価格はさほど上がっていない。いうまでもなく、その理由は円高にある。円高によって海外ほど国内金価格は上がっていないのである。

 目下のところ、円は安全資産として買われているが、これは一過性のものと見た方がよいだろう。米国の利上げに伴い、日米の金利差が拡大すれば、ドル買い・円売りの動きが高まるのは必至であり、長期的には円安傾向になる、というのが私の見方だ。

 そうなると、2020年に海外金価格が2000ドルに達し、控えめに見ても為替を1ドル=120円とした場合、国内金価格は1グラム当たり7000円を突破してもおかしくないのである。

 だからといって「そこまで上昇が見込めるのなら、円高で安く抑えられているうちにまとめて金に投資しておこう」と考えるのは、あまりにも早計といえる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。