マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

米中が経済・金融面で緊密化 投資協定(BIT)締結へ前進

2016年6月17日 7:00

 次に、QFII(海外適格機関投資家)制度についてであるが、これは、“中国証券監督管理委員会から認可を得た機関投資家が、認可枠の範囲内で、調達した人民元で以て、中国の株式、債券などを購入することができる”制度である。ちなみに、QFII制度は同様のドル建て投資である。

 このことは、海外機関投資家にとって、単にA株を購入できる枠が増えるだけではない。RQFIIがA株、中国債券などの運用ファンドを販売(通貨はオフショア人民元)することで、オフショア人民元の運用に厚みが出てくる。

 2500億元という枠は、香港の2700億元に次ぐ規模である。ゴールドマンサックス、シティバンク、モルガンスタンレーなどの大手金融機関は香港に金融子会社を持っており、既にRQFII資格を取得済みであるが、今回2500億元の枠がアメリカに与えられることで、アメリカのヘッジファンドなどが参入する可能性がある。

 現在、香港のほか、イギリス、シンガポール、オーストラリア、ドイツ、フランス、スイス、韓国などがRQFII枠を取得しているが、アメリカが多額の枠を得たことで今後、人民元の国際化が更に加速しそうである。

 経済金融面において、米中は決して冷戦状態に陥っているわけではない。

文■TS・チャイナ・リサーチ 田代尚機

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。