マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナの影響で葬儀簡素化に拍車 感染者が死亡するとどうなる?

2020年4月9日 15:00

コロナ流行の影響で葬儀のあり方も変化している(イメージ)
コロナ流行の影響で葬儀のあり方も変化している(イメージ)

 新型コロナウイルスの蔓延で“死後”の風景が様変わりしている。愛媛県では、同じ通夜・葬儀に参列していた男女4人が集団感染する事例が発生した。こうしたケースを受けて、遺族や葬儀会社も神経を尖らせているという。都内の大手葬儀社社員が明かす。

「新型コロナ以外で亡くなった人の葬儀でも、葬儀での感染予防のためにマスクやアルコール消毒を呼びかけます。遺族の意向によっては、近親者のみで行なう『家族葬』に切り替えたり、通夜や葬儀後の飲食はなくす傾向があります。通夜と告別式を一度で済ます『1日葬』を選択する人も増えています」

 新型コロナ患者が死亡した場合は、葬儀がさらに簡素化される。

「通常、亡くなった人は死後24時間以上は遺体を安置し、すぐに火葬してはいけないと定められています。

 しかし、新型コロナは『指定感染症』に定められたため、死後の感染拡大を防ぐ目的で、24時間を待たずに火葬することができます。結果、親族や知人でも遺体に会えないケースが多くなる。死を看取った親族なども感染の疑いがあるため葬儀には参列できず、お坊さんさえ呼べずに直葬や密葬にせざるを得なくなると考えられます」(前出・大手葬儀社社員)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。