マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

ウーバーイーツ活況でも配達員が「そこまで忙しくない」と語るワケ

2020年5月4日 7:00

コロナ禍でも活況を呈するフードデリバリー業界(写真:共同通信社)
コロナ禍でも活況を呈するフードデリバリー業界(写真:共同通信社)

 政府や自治体から外出自粛要請が続いていることを受け、外食もままならなくなっている一方で、代わって活況を呈しているのはフードデリバリー業界だ。

 都市部では近頃、自転車や原付バイクで料理を運ぶ「ウーバーイーツ」などの配達員の姿を頻繁に見かけるようになってきた。中には月に40万円稼ぐ配達員もいると報じられているが、皆が皆、大忙しというわけではないようだ。ウーバーイーツの配達員として働く40代男性が明かす。

「外出自粛となってからは暇な時間帯が減り、安定して仕事が入るようになった。とはいえ、そこまでは忙しくならないです。同業者に聞いたら、仕事を失ったスポーツインストラクターらが大挙して仕事をし始め、配達する側も増えているようです」

 配達ビジネスについて、経済評論家の加谷珪一さんの指摘は興味深い。

「実は、アメリカのオフィス街ではコロナ禍が始まる前からレストランから客足が遠のき、デリバリーへと軸足が移っていた。というのも、時差出勤やテレワークが増え、同僚と揃って食事をする機会が激減していたからです。

 日本でも、情報感度の高い外食産業の経営者はデリバリーへと需要が流れる可能性を念頭に、経営方針を模索。本来なら、5~10年かけて増加していくはずが、コロナ禍で一気に加速した。今後はデリバリー中心の飲食店が増えると思われます」(加谷さん)

 加谷さんによれば、牛丼の吉野家もコロナ流行前から日本最大級の出前サービス「出前館」への参画に積極的だったという。今回はさらに従来はテイクアウトをやっていなかった飲食店まで広がっている。そしてこのトレンドは、ネットスーパーの台頭とも関係してくる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。