マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年収700万円の夫婦が老親を「扶養家族」にした場合のメリット

2020年5月2日 15:00

親を扶養に入れると税金はこんなに減る
親を扶養に入れると税金はこんなに減る

 お金にまつわる様々な制度は「一緒に住んでいる世帯」単位のもの、と考えている人もいるかもしれない。だが、離れて暮らす「親子」でも、制度を活用して税金や社会保険料を抑えられるケースがある。有力なのが、年金生活の親を子供世帯の「扶養」に入れる選択だ。扶養家族というと「同居」が必須と考えがちだが、そんなことはない。税理士の犬山忠宏氏が説明する。

「扶養には『所得税法上の扶養』『健康保険上の扶養』の2種類があり、それぞれ条件などが異なる。

 まず、所得税法上の扶養の場合、親が年金収入のみなら年額158万円以下(65歳以上の場合)が条件。加えて毎月生活費の仕送りがあるなど、生計を一にしていれば、同居していない親でも扶養家族にできます」

 離れて暮らす親を所得税の扶養に入れた場合、扶養控除は48万円(70歳以上の場合)。犬山氏の試算では、世帯年収700万円の子供夫婦が老親を扶養に入れて48万円の控除を受けた場合、所得税が約4.9万円減り、住民税負担も約3.8万円圧縮できる。合わせて約8.7万円の節税だ。

「一方、健康保険上の扶養に入れる場合、年金収入のみの親なら年額180万円未満(60歳以上)であり、子供によって生計を維持されている必要があります。別々に暮らしていると、親の収入よりも子の仕送り額が多いことが基準です」(同前)

 会社員である子供の健康保険組合などで扶養に入れば、老親が払っていた国民健康保険の保険料負担がなくなる上、子供の保険料も変わらない。そのメリットは大きい。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。