マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

若者vs高齢者「マスク買い占めるな」「夜の街で感染する奴は黙ってろ」

2020年6月23日 16:00

夜の街で感染しているのは若い世代が多いというが…(時事通信フォト)
夜の街で感染しているのは若い世代が多いというが…(時事通信フォト)

 全国に緊急事態宣言が拡大された4月以降、目立ち始めたのが現役世代の「若者」と定年後世代の「高齢者」の世代間対立だ。それを煽る一因となったのが、品薄のマスクや生活用品の買い占めを報じるニュースだった。

「早朝から店頭に列を成すのは年寄りが多い印象を受けた。年金生活で家にいるなら、買い占めの必要はない。こうした人のせいで、感染リスクに怯えながら働く若者にマスクが行き渡らないと思うと不快だし許せなかった」(20代男性)

 もちろん、列に並ぶのは高齢者ばかりではないが、ここで見えてきたのは「高齢者=年金暮らし=安穏と暮らしている」という現役世代の偏見だ。

 30代後半から40代の就職氷河期世代からは、さらに辛辣な声も聞かれた。

「高度経済成長期に社会人になった70代の団塊世代は、バブルも謳歌し人生を楽しんだ。働けば報われる時代だったが今は違う。貯金もできず、老後の保障もない。十分な蓄えがある年金生活者は、現役世代の生活を犠牲にしないでほしい」(40代男性)

 背景にあるのが、現役世代との「経済格差」だ。特に、老後の安定した生活を支える公的年金については、世代間の“不平等感”が根強い。社会保険労務士の中山大輔氏が指摘する。

「昨年の厚労省財政検証によると、2019年度のモデル世帯(会社員だった夫と専業主婦の妻の夫婦二人世帯)の年金所得代替率(*現役世代男性の平均手取り収入に対する年金受給額の割合)は6割を超えているが、経済が停滞し続ければ47年以降に40%を切るとの試算もある。30年後には、貰える年金が8割程度に目減りしているイメージです」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。