マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療保険の落とし穴、「現在、健康である」に「はい」と答えてしまい…

2020年6月26日 15:00

医療保険に加入するときの“落とし穴”とは?
医療保険に加入するときの“落とし穴”とは?

 医療保険に加入するときの手続きに“落とし穴”が潜んでいるケースがある。

 50代男性のAさんは、約1年前から月額約5000円の定期医療保険に加入。今年に入って骨折で入院したため、入院給付金を申請したところ、支払われなかったという。

「6年前に胃潰瘍の治療で入院して3年前に完治しましたが、既往症ではないと思っていました」

 Aさんはこの保険の加入時、「3年前に完治した胃潰瘍」について申告していなかった。そのため、健康診断を兼ねた年に一度の胃カメラが「胃潰瘍の加療中」と判断され、「告知義務違反」で保険を解約されてしまったのだ。

 ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢氏が解説する。

「勧誘担当者に言われるがまま、『現在、健康である』という質問に『はい』と答えてしまい、いざというときに保険が支払われなかったということがあります」

 もちろん告知義務の基準は保険会社によるが、そういうケースに対応するため、万全の健康状態ではない人を対象にした保険商品もある。

「引受基準緩和型医療保険」は、保険料が多少高くなるが、見直すことも選択肢の1つだと言う。

「もし、自分の病気を正確に伝えられていないのではと気になるなら、保険会社の窓口に確認したり、今の保険を見直したりしたほうがいいでしょう。告知義務に誤りがあったら、それこそ今後の保険料が無駄になってしまいます」(前出・風呂内氏)

※週刊ポスト2020年7月3日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。