マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医療保険の失敗 入院が短かすぎて給付金がゼロになった60代男性

2020年6月23日 15:00

入院日数の制限で保険がおりないことも(イラスト/河南好美)
入院日数の制限で保険がおりないことも(イラスト/河南好美)

 2019年に椎間板ヘルニアで6日間入院したAさん(60代男性)は、無事に手術を終えたが、肩を落としてこう語る。

「40歳の時、終身タイプの保険へ入ることを決めたのは、『一生涯、しっかり給付金がもらえる』と説明されたからです。それなのに、1円も給付金が出ませんでした……」

 Aさんの保険料は月額3500円。現在までの約20年間で、80万円以上も払い込んでいたにもかかわらず、役に立たなかったというのだ。ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏が解説する。

「終身医療保険は、加入した時期が早ければ早いほど保険料が安くなりますが、加入時の保障内容が固定されたまま一生涯続くので、時代の流れとズレてきてしまうデメリットもあります」

 かつての医療保険は、7日目以降、120日や360日といった長期入院に対応した商品が多かった。

 しかし、医療の発達と病床数の削減によって、入院患者の平均在院日数は年々短期化。Aさんの場合も、「6日間の入院」で済んだことにより、“7日目以降から給付”という保障が受けられなかったわけだ。

 そういった時代に合わせ、最近では入院初日から給付金が出るタイプのものが多い。ただし、古い保険を解約するデメリットもある。前出の丸山氏の指摘。

「年齢を重ねるほど、月々の保険料などの条件は悪くなっていきます。時代にマッチしていない部分は割り切るか、また別の保険で手当てするという選択肢もある」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。