マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

山崎豊子さんの秘書が明かす『白い巨塔』遺言書シーン加筆秘話

2020年7月2日 16:00

山崎豊子さんが作中に忍ばせた「遺言書」とは(「山崎豊子文化財団」の奨学生第1期生に奨学金と著書を手渡す山崎さん(写真左)と野上孝子さん(写真中央))(1994年)
山崎豊子さんが作中に忍ばせた「遺言書」とは(「山崎豊子文化財団」の奨学生第1期生に奨学金と著書を手渡す山崎さん(写真左)と野上孝子さん(写真中央))(1994年)

 遺言書に関して、7月10日から「自筆証書遺言書保管制度」という新たな制度がスタートする。自筆の遺言書は作った後に紛失したり、第三者が意図的に破棄するなどトラブルが多く、保管に難があった自筆の遺言書の問題点をクリアにし、積極的に遺言書を残してもらおうというのが新制度の狙いだ。

 遺言書が見つからない、相続財産の分配で遺族が衝突する、遺産が把握できない…故人の亡き後、さまざまな理由で“争続”は起こる。愛する家族がトラブルに巻き込まれないためには、最後の責任として「遺言書」を残すことがいちばんだ。しかし、死を前にしながら最後のメッセージを残すのは、簡単なことではない。各界の著名人たちは亡くなる前、どんな生前手続きを行っていたのだろうか。

 小説家・山崎豊子さん(享年88)の秘書として52年間にわたって支え、親族を超えた関係を築いた野上孝子さん(80才)。

『女系家族』『華麗なる一族』『大地の子』『沈まぬ太陽』など、社会に鋭く切り込んだテーマを追求し、数多くの大ベストセラーを生み出し続けた山崎さんの作家としての姿勢は、すさまじいものだった。

「先生は、朝から晩まで365日、小説だけにかかわり続けた人です。作家というのは、ただ漫然と書くのではなく、使命感を持って書くものだとおっしゃって、その姿勢を崩したことはなかった」(野上さん・以下同)

 いつもそばにいる野上さんは、山崎さんの新作の“最初の読者”としての役割も務めており、つねに意見を求められた。うまく答えることができず、「意見なき者は去れ」と追い出されたこともある。一切の妥協を許さない大作家の“無茶ぶり”に、何度も心が折れそうになったというが、その類いまれなる才能と人柄に惹かれて寄り添い続けた。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。